開局を夢見る薬剤師の独り言

医療用医薬品、OTC、漢方薬(中医学)、ハーブを極めるべく日々ゆっくりと学習中。目標は30歳までにある程度満足できる仕上がりにすること。

薬物の作用発現までの時間について

 今回は、「この薬はすぐ効くの?」という薬局で働いているとそれなりに遭遇する質問に対する回答をわかりやすく書いてある本を紹介したいと思います。

 

 「薬物動態を推理する55Question 一歩踏み込んだ疑義照会と服薬指導のために」

 

 

 

という本です。

 

 薬効発現時間の判断は、その薬が「定常状態に達する薬」「定常状態がない薬(単回投与で効果が現れる薬)」を見極める必要があり、それを求めるために必要な情報は投与間隔(服用間隔)半減期の2つで求まるため、患者様に聞かれた場合にも添付文書と処方せん内容を見て容易に求められるところがありがたいです。

 

 ・定常状態に達する薬:投与間隔(服用間隔)/半減期≦3

 ・定常状態がない薬(単回投与):投与間隔(服用間隔)/半減期>3

 

定常状態に達する薬では、半減期×4~5程度の時間までは薬効がしっかり発揮されないと考えられます。

※実際に職場で活かそうとしたときに、早速例外が出てしまったのが「PPI(知識不足で申し訳ございませんが、タケキャブは不明)」や「ロイコトリエン受容体拮抗薬」です。これらに関しては定常状態がない薬の方に分類されますが、一般には薬効発現まで1週間程度を要するとされております。なので私は、薬効の発現自体は速やかだが、受容体の遮断し実感できるまでに要する時間がかかる薬と考えております。もしご存知の方がいらっしゃいましたら是非教えていただきたいです。

 

 患者様の質問に答えられるだけでなく薬歴内容を充実させられますし、せっかく学校で薬物動態の勉強したのに薬局やドラッグストアだとその知識を活かしきれていないことが私としては悲しかったので、この本に出合えてよかったと心より思っています。

 他にも、線形・非線形薬物の体内動態や肝消失型と腎排泄型の見極め方等々、目から鱗な情報が盛りだくさんです! 薬物動態が苦手だった私でも理解しやすいと感じるので、書店などで見かけた際には是非読んでいただきたい1冊です。

初投稿! まずは食事の重要性について(便秘でお悩みの方に)

  ドラッグストアや薬局で働いていると「この薬は本当に効くの?」とか、「市販の薬だから、病院でもらう薬より効かないんでしょ?安全でしょ?」といった質問を受けることがそれなりの頻度であります。

  患者様からすれば辛い症状を治したいわけですから当然の訴えで、強い薬を求めてくる気持ちもわかるのですが、お話をよくよく聞いてみると食事や睡眠時間が不規則な方が多く、「なるべくしてなってしまった」のだろうなと感じることが多いです。私も仕事が忙しいときは不規則な生活になってしまいます...。

 

  そこで今回は、辛い症状にならないために、食事がどれだけ体に影響があるかを紹介させていただきたいと思います。

  私が実際に体験できて食事を見直すきっかけとなったので、今回の題材は「便秘症状にトマトジュースです!!

カゴメでもデルモンテでもいいので、750mlのトマトジュースを1日1本3日間程度飲んでみてほしいです。何日目で便意が来るかは個人差があるでしょうが、赤みがかった程よい柔らかさの便が出て効果を実感できるかと思います。

便秘がちだった私が学生の頃に友達に相談したところ、紹介されて試してとても驚きました。

 

  ちなみに便秘は、おなかが痛いとか重い感じがするだけでなく、不要なものを体から出せていないために、吹き出物など肌が荒れてしまったりおなかが出て見えてしまったりと美容の観点でも大事だったりします。他、おなかの環境がいいと、免疫機能も高まり風邪をひきにくくなったりもします。

 

  便秘薬を使うことも悪くはないですが、ものによっては癖になってしまう成分もあり、薬がないと腸の動きが悪くなってしまう状態で根本が改善できないこともあるため、トマトジュースなどの食べ物で食物繊維をしっかりとって、どうしても出にくい時だけ薬でサポートするのが理想だと私は考えています。

 

  長くなってしまいましたが、病気は薬で治せばいいと考えている方に、薬だけでなく食事などの生活面の改善の重要さを知っていただきたいと思い、偉そうにも書いてしまいました。

トマトジュースは、私は普通のを飲みましたが、血圧が高めの方の場合は塩分無添加のものがいいと思います。